白ムーチー(鬼餅)

沖縄島とうがらし・コーレグースは「丸金コーレー」
白ムーチー(鬼餅)材料

約218
kcal

白ムーチー(鬼餅)の材料・基本情報

もち粉・・・500g
キビ砂糖(グラニュー糖でもOK)・・・200g
水・・・400cc
サンニン(月桃)の葉っぱ・・・15枚~20枚
ムーチーを結ぶヒモ

もち粉・・・500g
キビ砂糖(グラニュー糖でもOK)・・・200g
水・・・400cc
サンニン(月桃)の葉っぱ・・・15枚~20枚
ムーチーを結ぶヒモ

スポンサーリンク

ムーチービーサーとは
「餅」の沖縄での方言が「ムーチー」です。ムーチーを食べる旧暦の12月8日(新暦の12月下旬から2月上旬)は沖縄では最も寒い時期であり、この時期を沖縄での方言でムーチービーサー(鬼餅寒)と呼んでいます。

ステップ1

材料を入れる

もち粉とキビ砂糖(またはグラニュー糖)を入れ、混ぜ合わせます。
手で簡単に混ぜる感じでOKです。


ステップ2

混ぜ合わせる

分量の水を4、5回に分けて少しずつ入れてよくこねます。
耳たぶ程度の柔らかさになり、まとまってきたら生地は出来上がり!


ステップ3

蒸し器を準備

蒸し器に水を入れて火にかけ、お湯を沸騰させておきます。


ステップ4

巻く

キレイに洗って乾かしておいたサンニンの葉に、適当な大きさに生地を整えて包んでいきます。
(サンニンの葉は、あらかじめ少し蒸しておくと包みやすくなります。さらに葉の裏側に包むことで食べるときに餅が剥がれやすくなります。)
最後に蒸したときに餅がはみ出さないようにヒモでしっかり結びます。


ステップ5

蒸す

蒸し器へ重ねて入れて、約30分~40分程度蒸しあげたら完成です。

スポンサーリンク

白ムーチー(鬼餅)の食べたさ〜

2013/01/20 16:08:43

年に一度のムーチー欠かせませんねぇ。

年に一度のムーチー欠かせませんねぇ。

白ムーチー(鬼餅)のクチコミ

クチコミ評価

総合評価0ポイント

クチコミを投稿する

このレシピへの評価

1 2 3 4 5 無評価
総合評価
お手軽
作りたい
ヘルシー
ビックリ

画像認証

下記の数字を入力して下さい

画像認証

クチコミコメント

スポンサーリンク

アクセスランキング

ランキングの続きを見る >

ごーやーおすすめ商品

沖縄でレンタカーを検索・比較・予約するオトクな情報

その他カテゴリ

    • チャンプルー料理
      沖縄料理の定番、ゴーヤーチャンプルーやソーメンチャンプルーをご紹介!
    • イリチー(炒め煮)
      沖縄料理の中の炒め煮もの料理をご紹介、パイナップルイリチー、昆布イリチーなど。
    • 汁もの料理
      沖縄料理、汁物料理のご紹介。アーサ汁やソーキ骨汁、かちゅーゆーなどあったまりますよ。
    • 煮もの料理
      主に煮物の沖縄料理レシピを紹介します。ナーベーラー、グルクン、ラフテーなど。
    • 生・刺身・和えもの
      沖縄料理の中の生もの刺身、和え物料理をご紹介。島らっきょうの塩漬けやごーやーのおひたしなど、ヘルシーメニューをどうぞ。
    • デザート
      沖縄デザートをご紹介。シークワサージュース、ゴーヤージュース、ターウム田楽などどうぞご賞味あれ。
    • 揚げ物
      揚げ物の沖縄料理を紹介。グルクンのから揚げやゴーヤーの天ぷら、島ラッキョウの天ぷらなど、県内有名食材が集まっています。
    • ご飯もの
      沖縄ライス料理を紹介です。有名なボロボロジューシーやフーチバージューシーなど県民なら年に数回は食す定番メニューをぜひお試しください。
    • その他いろいろ
      アンダンスーやモーイ豆腐などをご紹介します。 特に近年アンダンスーは人気メニューとなっておりデパートなどでも目にする事ができます。ぜひレシピをご確認ください。

沖縄料理の基礎知識

  • 沖縄フルーツの食べ方
  • おきなわの魚
  • 沖縄の薬草と野菜
  • 沖縄の歴史と料理
  • 沖縄の年間行事と料理

その他の人気レシピ

カテゴリ内その他

白ムーチー(鬼餅)
携帯版レシピ

QRコード

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご意見・ご感想、店舗情報の掲載、プレスリリース、取材依頼などは上記からご確認下さい。