1. ごーやーどっとネット
  2. 沖縄ニュース
  3. エンタメ
  4. 特集〜沖縄をドライブしよう!〜
2021-04-28 18:07

goyah

特集〜沖縄をドライブしよう!〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
特集〜沖縄をドライブしよう!〜
コロナでイベント中止!?ならドライブしよう!

記事読み込み中...

特集〜沖縄をドライブしよう!〜


※新型コロナウイルス感染症の影響で施設が閉館・休止中の可能性もございますので、ご確認の上、安全運転でお出かけください。

知念岬(南城市)

ドライブ中の絶景休憩スポット!知念岬公園
南城市には、玉泉洞(沖縄ワールド)や斎場御嶽、奥武島の天ぷらなど、観光スポットがたくさんありますが、ドライブ中にちょっと一息つける場所としておすすめなのが「知念岬公園」です。

太平洋を一望するこの景色は、沖縄が海に囲まれた島であることを体感できるまさに絶景スポット!
天気が良い日は、久高島やコマカ島を眺めることができます。


手入れの行き届いた多目的広場もあるので、子どもたちも安心して駆け回ることができます(^^)
(キャッチボールは、ボールを失くしてしまう恐れがあるので要注意!)


元旦の初日の出スポットでも知られている知念岬は、天気が良い日の午前中に行くのがおすすめ!
朝食用のサンドイッチとともに、ピクニックを楽しむのも良いですね♪




施設情報
■住所 南城市知念字久手堅(こちらから→
■アクセス 那覇空港から車で約60分
■定休日 なし
■駐車場 あり


詳細情報はこちら→




道の駅ぎのざ(宜野座村)

暑い日にはここ!子どもが喜ぶ水遊びスポット 道の駅ぎのざ
「さぁ夏だ!海で泳ごう!」というのは、小さな子ども連れだとなかなかハードル高くないですか?日よけやクーラーボックス、お弁当、その他にも細々と準備するものが多くて、ママからすると一大イベント๛(-△-;) 準備だけで疲れちゃいますよね(›´ω`‹ )
そこでおすすめなのが「道の駅ぎのざ」!



「さぁ夏だ!海で泳ごう!」というのは、小さな子ども連れだとなかなかハードル高くないですか?日よけやクーラーボックス、お弁当、その他にも細々と準備するものが多くて、ママからすると一大イベント๛(-△-;)
準備だけで疲れちゃいますよね(›´ω`‹ )
そこでおすすめなのが「道の駅ぎのざ」!
広~い水遊びスペースは日陰になっている部分もあり、日差しが強い日でも安心です♪


深さは足首くらいまでなので、小さなお子さまでもパシャパシャ遊ぶことができますよ(^^)(浅いですが、決して目は離さないでくださいね!)

水遊びスペースだけでなく、併設している公園も、大きな遊具が整備されていて、子どもたちのテンション爆上がり間違いなしです!(^^)!
遊びを堪能したあとは、施設内でお食事も可能。肉厚の宜野座クラシックバーガーのほか、軒を連ねているパーラー式の飲食店では、おそば、海鮮丼、唐揚げ、かき氷などなど、目移りしてしまうほど美味しいものがたくさんあります。


直売センターも併設されていますので、新鮮なお野菜や地元の加工品をお土産に買って帰るのもいいですね!
タオルやお着替えだけ準備していけば、あとは楽しむだけ!
ぜひ「道の駅ぎのざ」へ足を運んでみてくださいね♪


【道の駅ぎのざ】

所在地: 沖縄県国頭郡宜野座村字漢那1633番地

道の駅「ぎのざ」へのお電話でのお問い合わせ:098-968-8787
[ 受付時間 ] 午前9時15分 ~ 午後6時 ※施設メンテナンスや台風時は臨時休館

物産や販売などに関して「未来ぎのざ」へのお電話でのお問い合わせ:098-968-8787
[ 受付時間 ] 午前8時30分 ~ 午後7時


詳細情報はこちら→



残波岬(読谷村)

ここだけで一日楽しめちゃう!「残波リゾートアクティビティパーク」
残波岬は言わずと知れた絶景スポットですが、すごいのは景色だけじゃないんです!

隣接する公園にある盛りだくさんの遊具は、小さなお子様から小学生以上まで全年齢が楽しめるように工夫されています。
身体を思いっきり動かせるクライミングウォールやバランスステップなど、一般的な公園では見かけない遊具は、子どもたちを飽きさせません(^^)



そして、公園遊びの時に特に心配なのは、まだよちよち歩きの小さなお子様ですよね。大きな遊具に登っちゃったり、子どもたちに紛れて見失ったり、ヒヤヒヤすることも多いかと思います。
しかし!ここではその心配も無用!周囲が柵で囲まれた乳幼児専用のエリアがあり、小さなお子様も安心して遊ぶことができます♪



ヤギなどに餌をあげることが出来るふれあいコーナーもあり、ヤギ用のおやつは自販機で販売していますよ◎


残波岬は遊歩道が整備されていますが、崖のほうは岩がごつごつしていたり、柵がなく危険なところもあります。
散策する際には、スニーカーなどのしっかりとした靴を履いていくことをおすすめします。足が見えるサンダルなどだと、ケガをしてしまう恐れがありますので、十分にご留意くださいね!


手ぶらでBBQを楽しめる施設もありますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

【ZANPA RESORT ACTIVITY PARK】
住所: 沖縄県読谷村字宇座1861
問い合わせ先:098-958-0038  FAX 098-958-0039
公式HP:こちら→



道の駅いとまん(糸満市)

海産物も野菜も全部そろう!食べ歩きが楽しい「道の駅いとまん・お魚センター」
漁師町の糸満市ならではの施設が、道の駅いとまんに隣接するお魚センターです。
軒を連ねるお魚屋さんでは、食べ歩き用に少量ずつ盛り付けられたお刺身や、串刺しのエビ、イセエビやホタテのウニソース焼きなど、目移りしてしまうほど多くの海産物が並びます。


汁物が好きな方には、魚汁専門のお店もありますよ♪
イートインスペースは屋外で風通しもよく、屋根付きなので雨が降っていても安心です(^^)


隣接する物産センターでは、糸満市の特産品を使用した調味料など、お土産にも喜ばれる商品を多く取り扱っています。
また、ファーマーズマーケットでは、スーパーではなかなか手に入らない珍しいお野菜もたくさんあります!


せっかくなので、お土産にお野菜を買って帰るのもいいですね(^^)
揚げたてのうちなー天ぷらやかまぼこも美味しいので、ぜひ食べ歩きを楽しんで頂きたいです♪



【道の駅名 いとまん(いとまん)】
所在地:沖縄県糸満市西崎町4-19-1
TEL:098-987-1277
駐車場 大型:4台 普通車:131(身障者用5)台

【お魚センター】
■営業時間:10:00~19:00

【物産センター 遊・食・来】
■営業時間:9:30~19:00

【JAファーマーズマーケットいとまん】
■営業時間:9:00~19:00



辺戸岬(国頭村)

沖縄本島最北端!ダイナミックな絶景を望む辺戸岬

許田ICを降りて、さらに約1時間半の長距離ドライブ。その価値は十分にある絶景を望むことが出来るのが「辺戸岬」です。
晴れた日には、鹿児島県の与論島を眺めることも出来ますよ!


一番海が綺麗に見られる時間帯は、太陽が真上にあるお昼頃とのこと。
岬から見下ろす海は、魚の動きが見えるのほどの透明度の高さに驚かされます( ゚Д゚)



そしてなんといってもこの爽快感!
日常のストレスから開放してくれる、まさにパワースポットです☆



遊歩道が整備されているので、ベビーカーや車いすの方も安心して散策することができますよ(^^)
日中は日差しが強いことがあるので、特に天気が良い日は、暑さ対策・水分補給を忘れずに!


ぜひ北部ドライブの際にお立ち寄りください♪






公式サイト:こちら→


比地大滝(国頭村)

圧巻のスケール!沖縄本島最大の滝でマイナスイオンを体感しよう!
外で思いっきり自然を体感したい!という方におすすめなのが、国頭村にある比地大滝です。
入口から大滝までは、およそ1.5kmの遊歩道が整備されています。


大滝までの所要時間は約1時間程度。道中はまさに亜熱帯ジャングルです。

普段見かけない植物や生き物と出会えますので、ぜひゆっくり観察したり、写真を撮ったりしながら進んでみてください。

事前に比地大滝で見られる植物や生き物について調べておいて、実際に探しながら歩くのもおすすめです。


整備された遊歩道とはいえ、階段のアップダウンが続いたり、滑りやすい箇所があったりするため、そこは注意が必要です。

特に小さなお子さんをお連れの場合には、休憩をはさみながらゆっくり進んでくださいね。

大人も子どもも、自然を体感しながら体を動かすことが出来るおすすめのスポットです。


■公式Webサイト:こちら→
■トイレ/あり(水洗)
■管理人/あり(9時~18時)
■付帯設備/シャワー室
■自販機・売店/自販機:あり 売店:なし
■ペット同伴/不可

施設使用料
■入場料金 村内に住所を有する者:大人100円 子供50円
      村外に住所を有する者:大人500円 子供300円


ウミカジテラス(豊見城市)

まるで地中海!?グルメだけにとどまらない癒しスポット!



瀬長島がおしゃれになってる!と噂には聞いたけど、まだ行ったことがない方も多いのではないでしょうか?
がっつり系のハンバーガーやステーキから、パンケーキやジェラートなどのスイーツ、多国籍料理、テイクアウト可能な軽食など、とにかくたくさんの飲食店が軒を連ねるウミカジテラスなら、お好みに合うグルメフードと出会えること間違いなし!


海を眺めながら、テイクアウトしたフードをいただくのも良いですね~♪
もちろん、飛行機の着陸シーンもばっちり見えます!那覇空港には、民間機、自衛隊機のほか、国際線の飛行機も離着陸するので、飛行機マニアにもたまらないスポットです!


また、隣接している瀬長島ホテルの温泉「龍神の湯」は、日帰りで温泉のみの利用も可能。
入泉料金にタオルの貸し出しも含まれておりますので、手ぶらでOK!
たっぷり遊んだ1日の締めくくりに、美味しいお食事をいただいて、龍神の湯で癒されるのもおすすめです!




公式サイト:こちら→
※新型コロナウイルス蔓延防止措置に伴い、営業時間が変更となっている可能性がございます。営業時間の確認は、直接店舗までお願いいたします。


海中道路(うるま市)

沖縄本島の絶景ドライブコースと言えばここ!うるま市の海中道路

金武湾を両サイドに眺めながら一直線に走る海中道路。まるで海の上を走っているかのような感覚すら覚えます!

海中道路の先にある浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島は、まさにグルメスポットの宝庫だということをご存じでしたか?


まず最初に、「海の駅 あやはし館」に隣接するコンテナハウスには、屋外で飲食ができるおしゃれなお店が立ち並んでいて、目移りしちゃいます♡

そして4つの離島に、うちなー料理、フレンチ、お肉専門店、パン屋さん、カフェなど、どこへ行こうか悩んでしまうほど美味しい名店がたくさんあるんですよ♪


シーカヤックやSUPなどのアクティビティも、複雑な島の地形のおかげで比較的天候の影響をうけることなく楽しめる珍しい海なので、朝早くから出かけて遊び尽くすのもよいですね(^^)


恩納村道の駅(恩納村)

食べ歩きが最高!絶品グルメが立ち並ぶ「おんなの駅」

ドライブの休憩スポットとしてはもちろん、小腹がすいたときに立ち寄りたいのが「おんなの駅・なかゆくい市場」です!

ムール貝のウニソース焼きなどの海産物の焼き物から、てびちの唐揚げなどのがっつり系、沖縄そば、サーターアンダギーの有名店、フルーツたっぷりのかき氷専門店のほか、多様なグルメが軒を連ねています。

これだけ種類が豊富だと、おじいちゃんおばあちゃんからお子様まで、好きな食事を楽しむことができますね♪

また、徒歩で移動できる距離に隣接している恩納村文化情報センターでは、北部地域楽しむための観光情報が満載!恩納村博物館も隣接していますので、展示品を見ながらの小休憩におすすめですよ(^^)


【おんなの駅・なかゆくい市場】
住所 沖縄県恩納村字仲泊1656-9
電話番号 098-964-1188
営業時間 10時~19時
定休日 なし
駐車場 あり
HP:こちら→


【恩納村文化情報センター・恩納村博物館】

住所 沖縄県恩納村仲泊1656番地8
電話番号 博物館:090-982-5112 
文化情報センター:098-982-5432
料金 なし
営業時間 博物館:火曜日~金曜日9時~17時/文化情報センター:火曜日~金曜日10時~19時、 土・日曜日・祝日10時~17時
定休日 月曜日(祝日の翌火曜日)、年末年始、その他館長が必要と認めた日、第3木曜日(図書情報フロアのみ)
駐車場 あり
HP:こちら→


スポンサーリンク

スポンサーリンク

右の「いいね」や「フォロー」を押すと
facebook、twitterで沖縄ニュースを読めます!

アクセスランキング

ランキングの続きを見る >

その他関連ページ

カテゴリ

提供元カテゴリ

沖縄プレスリリース、ニュース、コラム記事投稿

お問い合わせ

ご意見・ご感想、店舗情報の掲載、プレスリリース、取材依頼などは上記からご確認下さい。