伊江村について はごーやーどっとネット沖縄辞典

沖縄辞典
ホーム > 沖縄辞典 > 伊江村について
伊江村について

いえそん

伊江村

沖縄本島の本部半島から北西9kmの場所に位置する周囲22.4kmの[伊江島]からなる。島中央から少し東にずれたところにある標高172.2mの[城山は[伊江島タッチュー]の愛称で親しまれている。

  • 伊江村 - 伊江村公式サイト。

    ▼伊江村周辺の地図



    この言葉に情報を追記する


  • ▼「伊江村」Wikipedia検索

    で、奥が米軍演習場]] から見る伊江島]]
    伊江村(いえそん)は、沖縄県国頭郡の村。沖縄本島の本部半島から北西9kmの場所に位置する周囲22.4kmの伊江島から成る。
    島中央から少し東にずれたところにある標高172.2mの城山(ぐすくやま)は本島からもよく見え、伊江島タッチュー(イータッチュー)の愛称で親しまれている。産業は主に農業、漁業から成り立っている。本部港からもフェリーで30分あまりということもあり、「日帰り可能な離島」としての人気も高い。また、戦争に関する施設・史跡もあり、修学旅行のコースとして利用されることも多い。

    地理

    沖縄本島本部半島の北西約9kmの位置にある伊江島一島の全部からなる。 川平、東江前、東江上、西江前、西江上、阿良(あら)、真謝(まじゃ)、西崎の8つの集落からなる。定期便のフェリーが発着する港がある川平周辺が、島の中心部になっている。 島の中央やや東よりには島の最高峰である城山(標高172.2m)がある。 島の北西部には在日米軍の演習場があり、島の面積の約35%を占める。 字 川平(かわひら) 西江上(にしえうえ) 西江前(にしえまえ) 東江上(ひがしえうえ) 東江前(ひがしえまえ)

    歴史

    旧石器時代から古代にかけての遺跡が数多くあり、特に島の南海岸の砂丘には多くの遺跡が連なる。
    旧石器時代 化石人骨が発見されているが文化的な様相は不明。 貝塚時代前半(縄文時代) 貝塚時代早期の土器が発見され、以後、南海岸の砂丘や台地上に遺跡がある。 貝塚時代後半(弥生時代~平安時代) 前半同様、多くの遺跡があり、九州との交易が考えられている。 グスク時代 この時代の遺跡は少ないが、中国などの陶磁器が発見されている。 14世紀、伊平屋とともに北山王の支配下にあった。 1701年(元禄14年) 東江村・西江村・川平村がおかれる 1875年(明治8年) 東江村が東江上村と東江前村に二分、西江村が西江上村と西江前村に二分。 1908年 村制施行。従来の村は字となる。 1944年(昭和19年) 九州疎開が始まる。
    東江前から阿良、西江上から真謝が独立して行政区となる。
    1948年(昭和43年) 波止場爆発事故で102名の死者がでる 1975年(昭和50年) 伊江島空港民間共用開始

    行政

    村長 大城勝正(2005年より)

    経済

    産業 農漁業のほか、観光業が盛んで、第一次産業と第三次産業の従事者比率はほぼ同じである。 農業では、沖縄県全体で盛んなサトウキビのほか、タバコ、花木、肉牛などの生産が盛んである。 品種改良されたサトウキビを使ってアサヒビールのエタノール実験プラントがある。島内にアサヒのロゴの実験スタンドがある。
    <!--==姉妹都市・提携都市==
    国内 海外

    地域

    人口
    健康 平均年齢  83歳 教育 伊江村立伊江中学校 伊江村立伊江小学校 伊江村立西小学校

    交通

    航路 伊江港 本部港へフェリーで約30分。1日4~8往復。(伊江村営フェリー) 那覇港泊埠頭へ高速船で約1時間15分。1日1~2往復運航されていたが、2007年に定期便は廃止。(あさひ観光) 空路 伊江島空港 那覇空港へセスナ機で25分。不定期便が就航。(エアードルフィン) 島内の交通 路線バス・観光バス:伊江島観光バス タクシー:伊江交通 レンタカー・レンタサイクルあり 島内の道路 沖縄県道180号伊江川平線 沖縄県道181号伊江島空港川平線 沖縄県道225号伊江島環状線

    名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

    城山沖縄八景の1つ。頂上からの眺めは素晴らしい。 リリーフィールド公園4月下旬~5月にかけて100万輪のテッポウユリが咲き乱れ、「伊江島ゆり祭り」が開催される。 伊江村青少年旅行村伊江ビーチに併設。 湧出(わじ)断崖絶壁の海岸の波打ち際から湧出する泉。絶壁の上に展望台がある。 ニャティア洞女性が持ち上げると子宝に恵まれるという、霊石「力石」がある。第二次大戦中は防空壕として利用され、多くの人を収容したことから「千人洞」(せんにんがま)とも呼ばれる。 公益質屋跡村営の金融機関として昭和4年に建築された。沖縄戦の弾痕跡が生々しく残っている。

    出身有名人

    名嘉元浪村 (歌人、本名:名嘉元精一) 江島寂潮 (歌人、本名:名嘉元貫一) 小林寂鳥 (歌人、本名:島袋俊一)

    その他

    「伊江島ハンドゥー小」 (三大悲歌劇の一つ)

    関連項目

    阿波根昌鴻 アーニー・パイル

    外部リンク

    国土地理院地形図閲覧システム 国土地理院 地形図閲覧システム 2万5千分1地形図名:伊江島(北西)
    このページはウィキプロジェクト 日本の市町村のテンプレートを使用しています。
    *

    出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
    Text is available under GNU Free Documentation License.
    [伊江村]の改定履歴
    ご利用上の注意


    Copyright© 2013 Goyah.net Inc. All Rights Reserved.