ハブクラゲについて はごーやーどっとネット沖縄辞典

沖縄辞典
ホーム > 沖縄辞典 > ハブクラゲについて
ハブクラゲについて

はぶくらげ

ハブクラゲ

6月から10月にかけて一番被害が大きいと言われている危険海の生物に入るクラゲ。

このクラゲは青みのある透明な体をしている上、移動速度が速いため、砂浜で被害が起きている。刺されると激痛が生じ、ミミズ腫れになったり強いかゆみをもたらす。6時間後に水泡、12時間後には懐死を引き起こす。

まれに呼吸困難を起こすことがある。
また、死亡した例もあり大変注意が必要である。

そのため沖縄のビーチの一部などでは、ハブクラゲ侵入防止網が設置されており、それがない海岸では注意が必要である。

万が一刺されたりした場合は、酢をたっぷりかけて氷などで冷やす。


この言葉に情報を追記する


▼「ハブクラゲ」Wikipedia検索

ハブクラゲ (波布水母、波布海月、Chiropsalmus quadrigatus Haeckel) は沖縄や奄美に生息するクラゲである。立方クラゲ目 (Cubomedusae) に属する。
ハブクラゲは沖縄や奄美で6月から10月にかけて一番被害が大きいと言われているクラゲである。小魚の群れに襲いかかり捕食すると言われている。
このクラゲは青みのある透明な体をしている上、移動速度が速いため、砂浜で被害が起きている。カツオノエボシと同様刺されると死亡することがある。刺されると激痛になり、またミミズ腫れになったり強いかゆみをもたらす。まれに呼吸困難を起こすことがある。6時間後に水泡、12時間後には壊死を引き起こす。そのため沖縄市の一部など、ハブクラゲ侵入防止網が設置されており、それがある海岸では注意が必要である。
刺されたら酢をたっぷりかけて氷などで冷やすこと。
また2006年7月ごろには新江ノ島水族館でこのクラゲが展示されるようになった。

出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
[ハブクラゲ]の改定履歴
ご利用上の注意


Copyright© 2013 Goyah.net Inc. All Rights Reserved.