ダンキンドーナツについて はごーやーどっとネット沖縄辞典

沖縄辞典
ホーム > 沖縄辞典 > ダンキンドーナツについて
ダンキンドーナツについて

だんきんどーなつ

ダンキンドーナツ

古くからあったドーナツ屋。業績不振で1998年に撤退。日本からは姿を消しているが、米軍基地内には存在している。

▼ダンキンドーナツCM


この言葉に情報を追記する


▼「ダンキンドーナツ」Wikipedia検索

ダンキンドーナツ(''Dunkin' Donuts'')とは、ファストフード店のブランド名。現在の本社はマサチューセッツ州キャントンにある。
主力商品のドーナツの他、コーヒー、マフィン、ベーグルサンドイッチなども扱っている。
1948年、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州クインシーで創業。1950年からフランチャイズ展開を開始し、現在、グアムとプエルトリコを含むアメリカ合衆国と世界29ヶ国(アラブ首長国連邦、アルバ、インドネシア、エクアドル、ケイマン諸島、カタール、カナダ、ギリシャ、コロンビア、サウジアラビア、スペイン、タイ王国、大韓民国、台湾、チリ、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、パキスタン、パナマ、バハマ、フィリピン、ブラジル、ブルガリア、ペルー、ホンジュラス、マレーシア、メキシコ、レバノン)に約6,000店舗を展開している世界最大のドーナツチェーンである。米国国内の店舗は北東部と大西洋岸中部の州に集中している。
店名は、ドーナツをコーヒーに浸して(Dunkin')食べる欧米の習慣にちなむ。

概要

DUNKIN'DONUTS,INC.の創業者は、ウイリアム(ビル)・ローゼンバーグ(William Rosenberg)。1946年に工場労働者のためにトラックでサンドイッチなどの販売をはじめたが、ドーナツとコーヒーの売り上げが大きいことに気づき、1948年にドーナツの専門店「Open Kettle(オープンケトル)」という店をはじめる。
1950年に、現在の「Dunkin' Donuts(ダンキンドーナツ)」に名前を変更している。
義妹の夫であるハリー・ウィノカーとともに会社を運営していたが、経営方針の違いからハリー・ウィノカーは独立し、ミスタードーナツを創業している。しかし、のちにダンキンドーナツはミスタードーナツを吸収合併しており、現在アメリカには会社としてのミスタードーナツは存在せず、そのブランド名で営業している店舗が十数店残るのみとなっている。
ここ数年は、イギリスの酒類大手アライド・ドメック(Allied Domecq)の傘下企業となり、外部から招いた経営陣の下で急成長した。しかし、2005年8月にフランスの酒類大手ペルノ・リカールがアライド・ドメックを買収したのに伴い、他の2つのファストフードチェーンとともに売却。2005年12月に、ベイン・キャピタル(Bain Capital)、カーライル・グループ、トーマス・H・リー・パートナーズ(Thomas H. Lee Partners)のアメリカの未公開株投資会社3社で構成されるコンソーシアムが株式を取得している。

日本での営業

日本では、1970年に初の海外店舗としてオープン。セゾングループのレストラン西武(のちの西洋フードシステムズ)の一部門として、その後はディー・アンド・シー(のちに吉野家と合併して吉野家ディー・アンド・シー)が店舗展開していたが、業績不振で1998年に撤退。米軍基地内を除いて日本からは姿を消している。
なお、かつては旧三洋電機系の大和フーヅ(現ゼンショー系)がフランチャイジーとして新規参入していたことがあったが、現在は一部店舗を除き、ほぼ全てミスタードーナツ店に店舗改装している。

警察官はドーナツが好き

米国の「警察官はドーナツが好き」という俗説は、実はダンキンドーナツの戦略による。ダンキンドーナツでは「警察官が制服とパトカーで来店すれば、ドーナツとコーヒーを無料にします」と宣言しているためである。実際、ダンキンドーナツでは警察官の姿を見ることが多いという。

関連項目

ボストン・レッドソックス(スポンサー) ニューイングランド・ペイトリオッツ(スポンサー) ミスタードーナツ ティムホートンズ(カナダ) クリスピー・クリーム・ドーナツ

外部リンク

DUNKIN' DONUTS(英語)
廃たんきんとなつ

出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
[ダンキンドーナツ]の改定履歴
ご利用上の注意


Copyright© 2013 Goyah.net Inc. All Rights Reserved.