1. 沖縄
  2. 沖縄心霊情報
  3. イベント
  4. 沖縄お化け屋敷 2013 「ゆびきりの家」

沖縄お化け屋敷 2013 「ゆびきりの家」

沖縄お化け屋敷 2013 「ゆびきりの家」
開催日時2013-07-05 13:30
開催地2013-09-23 19:00
料金沖縄タイムスサービスセンター
お問合せhttp://www.yubikiriokinawa.com/
URL
Google

スポンサードリンク

備考

脅かすだけではない、「ストーリー」と「ミッション」のある全く新しいお化け屋敷が沖縄に!

入場料金:1000円(税込)当日券(一般)

※R12(小学生は保護者同伴であれば入場可能・未就学児入場不可)

平日:13:30 ~ 19:00 / 土・日・祝日:11:00 ~ 19:30


「もう少しで君と会える・・・。 ねぇ、約束しよ・・・。ゆびきりげんまん。 嘘つきは    ね・・・。」


~ストーリー~

当時“あやこ”はまだ小学校の低学年でした。

母ひとり子ひとりの家庭の生活は、決して楽なものではありませんでした。


ある日、あやこは母親に、友だちの家に遊びに行くように言われます。

いつも仕事にでかける母親のことです。

特別不思議なことはありません。

いつもと違っていたのは、その時母親が小指を出して、あやことゆびきりをしたことです。

「夕方まで家に帰らずにおとなしく遊んでいたら、お母さんは迎えに行くからね。ゆびきりげんまん」

あやこは母親に言われるがまま、友だちの家で遊んでいました。

あやこが得意なのは「あやとり」でした。

けれど、この日のあやこは、大好きなあやとりに夢中になれません。

その日に限ってゆびきりをした母親の様子が気になって仕方なかったのです。

とうとう我慢できなくなったあやこは、あやとりをやめて、夕方になる前に自分の家まで帰ってしまいます。


そっと鍵で玄関を開けると、中はしーんとしていて母親の気配はありません。それは特に不思議なことではありません。

ただ、あやこが不思議だと思ったことは、母親の鏡台の前に置いてある化粧品が、すべてなくなっていたことです。

あやこは、そのままずっと家の中で待ち続けました。


やがて夕闇が家の中に入ってきてあやこの体を包みます。

「きっと仕事が延びて少し帰るのが遅れているだけだ…」

あやこは、そう思うようにしました。

夕闇が完全な闇に変わり、夕飯の時間をとうに過ぎても、いつものように玄関の鍵が開く音は聞こえてきません。

結局、あやこは物音ひとつしない真っ暗な家の中で、たったひとりで朝まで待ち続けました。


それから数日後、あやこは母親がどこかに行ってしまったことを知ります。

けれど、それを知ったとき、彼女はそのことを受け入れることができませんでした。

「ゆびきりで約束したとおり、夕方までおとなしく遊んでいなかったから、お母さんは帰ってこなくなったんだ…!」

彼女は自分が約束を破ったことで、母親が帰ってこられないのだと考えるようになりました。そう考えると、母親の愛情だけは残っていると思えるからです。


けれど、このように考えるようになってから、あやこの小指は次第に感覚がなくなり、思い通りに動かすことができなくなってしまいました。

小指の形は、あの日母親とゆびきりしたままの形で、動かなくなってしまったのです。

小指が動かなくては、大好きだったあやとりもできなくなってしまいます。

やがて、彼女は知ることになります。

ゆびきりをした時、彼女は大切な家族と大好きな遊びの二つを、人生からなくしてしまったことを。


成人したあやこに、やがて一人の恋人ができます。

親密になって行くに従って、恋人は彼女の小指のことが気になりだします。何度も尋ねるうちに、ようやく彼女の小指の秘密を知ります。

それを知った恋人は、あやこに提案します。来週の日曜日に遊園地に遊びに行こう。ゆびきりするからね。

半ば強引に、あやこは恋人とゆびきりを交わしました。

それから一週間、あやこの胸の中はいつも波立っていました。それは、彼女が失った家族と遊びを取り戻せる瞬間かもしれないからです。


一週間後の日曜日、彼女は家で恋人を待ちました。

10分過ぎ、30分過ぎ、1時間過ぎ、一日が過ぎる頃、彼女の回りに夕闇が迫ります。あのときと同じです。

その日、恋人は結局現れませんでした。

そして彼女は知るのです。

もう一度、家族と遊びをなくしてしまったことを。

それ以来、彼女の回りの闇は、彼女の体の中に入り込んでしまいました。

決して笑うこともなく、暗い家の中で床に伏せり、孤独のうちに亡くなってしまいました。


本当は、彼女はあのとき、母親の「心の中」を知っていたのかもしれません。

けれど、それを受け入れることができぬまま、生き続けなくてはならなくなったのかもしれません。

その亡骸を目にした者は、彼女の右手の小指が鍵状に曲がっているのをみつけたはずです。

彼女の亡骸は、まだ布団の中です。

布団の端から出ている彼女の小指に自分の小指を絡めて、どうか彼女とゆびきりをしてきてあげてください。

あやこが、無事成仏できるように…。

宣伝動画を見る

関連商品

アクセスマップ

スポンサードリンク

アクセスランキング

スポンサードリンク

ごーやーどっとネットおすすめ商品

沖縄お化け屋敷 2013 「ゆびきりの家」のクチコミ

ALLFLAG5ポイント

入り口がヤバかった····

Star050

2013/09/08 23:16:41

めっちゃ怖かったー!

入り口で後悔した!

怖いの苦手な人はやめたほうがよし!

Star050

2013/09/04 22:36:51

「てまり」も行たけど、こっちの方が怖かったぉー。

Star050

2013/08/24 23:38:59

クチコミを投稿する

この心霊情報への評価

1 2 3 4 5 無評価
ALLFLAG
FLAG1
FLAG2
FLAG3
FLAG4
FLAG5

画像認証(下記数字を入力)

画像認証

コメント

スポンサードリンク

投稿された写真


キャー!

キャー!

私は入り口でアウトですww

写真を投稿する

タイトル

画像を選択

画像認証(下記の数字を入力)

画像認証

コメント(省略可)

スポンサードリンク

最安値保証のお得な情報満載!沖縄のレンタカーを検索・比較・予約する

スポンサードリンク

新着投稿写真

琉球怪談幽霊屋敷「てまり」

琉球怪談幽霊屋敷「…

怪談夕涼み - 怪談降臨 -

怪談夕涼み - 怪談降…

沖縄お化け屋敷 2013 「ゆびきりの家」

沖縄お化け屋敷 2013…

オススメ商品

オススメ商品

お問い合わせ

お問い合わせ

ご意見・ご感想、店舗情報の掲載、プレスリリース、取材依頼などは上記からご確認下さい。