1. ごーやーどっとネット
  2. 沖縄ニュース
  3. 沖縄タイムス社
  4. 自転車レース・71カ国旅行・障がい者支援・・・多趣味なヒーローは81歳! 沖縄・宜野湾
2017-10-08 07:30:00

沖縄タイムス社

自転車レース・71カ国旅行・障がい者支援・・・多趣味なヒーローは81歳! 沖縄・宜野湾

このエントリーをはてなブックマークに追加
自転車レース・71カ国旅行・障がい者支援・・・多趣味なヒーローは81歳! 沖縄・宜野湾
沖縄県宜野湾市上原の伊佐常吉さんは、1936年生ま・・・

記事読み込み中...

 沖縄県宜野湾市上原の伊佐常吉さんは、1936年生まれの81歳。自転車、社交ダンス、旅行など趣味が多彩で、衰えぬ気力と体力は若者顔負け。同期生やツーリング仲間から「高齢者のスーパーヒーロー」と評判だ。

 伊佐さんが自転車を始めたのは96年。当時勤めていた高校で自転車通勤の職員が自転車の魅力について熱っぽく語ったのがきっかけ。97年の定年退職を機に県内のツーリングクラブに所属し、自転車を楽しむようになった。

 中南部を中心に、時には1人で泊まり込みで北部を回るなど自転車の魅力にとりつかれた。その年の第9回ツール・ド・おきなわ市民レース140キロに挑戦し、見事走破。2012年には台湾花蓮の180キロ、14・15年には北海道十勝80キロ、今年9月の佐賀大会と国内外の数々のレースに参加してきた。「車では素通りしていた景色を楽しめるのが自転車の魅力。体の続く限りやりたい」 自宅から実家の中城村屋宜までの往復約10キロの行程は起伏が激しい。体力増強と練習を兼ねて日曜日は自転車で実家に通っている。

 旅行では国内の県庁所在地を全て訪れたといい、外国は2000年のキューバを振り出しに71カ国を旅した。「次はスリランカに行きたい」と目を輝かす。キューバではハバナ市民が公園で踊っている輪に飛び入り参加し、ツアー仲間の喝采を浴びたという。

 健康維持のためのダンスは週1回、市中央公民館のダンス教室で技に磨きを掛けている。県の障害者社会参加推進事業の一環で県視覚障害者福祉会のダンス教室には、サポーターとして21年関わっている。伊佐さんは「サポーターは私のライフワーク」と控えめに語る。

 実家の2900平方メートルの畑にはオクラ、ナス、キュウリなどの野菜を育てる。「収穫やお裾分けする喜びがある」と笑顔。「適度の運動を継続すること」が健康維持の極意という。(翁長良勝通信員)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

右の「いいね」や「フォロー」を押すと
facebook、twitterで沖縄ニュースを読めます!

アクセスランキング

ランキングの続きを見る >

その他関連ページ

カテゴリ

提供元カテゴリ

お問い合わせ

ご意見・ご感想、店舗情報の掲載、プレスリリース、取材依頼などは上記からご確認下さい。