1. ごーやーどっとネット
  2. 沖縄ニュース
  3. エンタメ
  4. 【経】平成 27 年 沖縄県入域観光客統計概況
2016-01-22 20:49

ごーやーどっとネット

平成 27 年 沖縄県入域観光客統計概況

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事読み込み中...

平成 27 年 沖縄県入域観光客統計概況

先日沖縄県から発表されたデータを元に考察してみた。
http://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/kankoseisaku/kikaku/statistics/tourists/documents/h27-c-gaikyou.pdf
より

概要

平成 27 年(暦年)の観光客数は 年(暦年)の観光客数は 年(暦年)の観光客数は、776 万 3,000 人で過去最高

増加した要因は次の通りと考えられ、特に外国客の増加が大きく寄与している。
・円安の継続に伴う国内および訪日旅行需要増
・海外航空路線の拡充・クルーズ船の寄港回数増による外国人観光客の大幅増
・国内外における官民上げての継続したプロモーション活動

■平成 28 年の見通し
景気は緩やかな回復基調にあることや、各航空会社による航空路線拡充の動きがあることから、国内観光地との競合が想定されるものの、国内旅行市場は堅調に推移するとみられる。
また、外国客については、新興国経済の先行きが懸念されるものの、台湾路線においてLCCによる航空路線拡充の動きがあることや、クルーズ船の寄港回数が昨年を大幅に上回る予定となっていることなどから、引き続き、好調に推移すると見込まれる。
秋には、大規模な学術会議や、第6回世界のウチナーンチュ大会が予定されており、国内外からの誘客効果が期待出来る。

【国籍別の動向】
台湾 台北-那覇路線の増便やLCCの新規就航に加え、クルーズ船寄港回数の増加により、空路・海路客ともに増加、過去最高であった昨年を上回り、初の 40 万人台となった。

韓国 ピーチアビエーションや韓国LCC3 社の相次ぐ新規就航などにより航空路線が拡充し、空路客を中心に増加、過去最高を記録し、30 万人に迫る客数となった。

中国本土 天津や杭州などの相次ぐ新規路線の就航や、中国発着クルーズ船の増加などにより、空路・海路客ともに増加、過去最高となった。2 位の韓国に迫る客数となった。

香港 ピーチアビエーションの香港-那覇路線の新規就航や、香港発クルーズ船の寄港により、空路・海路客ともに増加、過去最高となった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

右の「いいね」や「フォロー」を押すと
facebook、twitterで沖縄ニュースを読めます!

アクセスランキング

ランキングの続きを見る >

その他関連ページ

カテゴリ

提供元カテゴリ

沖縄プレスリリース、ニュース、コラム記事投稿

お問い合わせ

ご意見・ご感想、店舗情報の掲載、プレスリリース、取材依頼などは上記からご確認下さい。