久米島について はごーやーどっとネット沖縄辞典

沖縄辞典
ホーム > 沖縄辞典 > 久米島について
久米島について

くめじま

久米島

沖縄県の離島で那覇市の西、約100Kmに位置する、人口1万人弱の島。

久米島 - Wiki検索

▼久米島周辺の地図


この言葉に情報を追記する


▼「久米島」Wikipedia検索

久米島(くめじま)は、沖縄県の離島で那覇市の西、約100Kmに位置する、人口1万人弱の島。行政上は島全域が久米島町(くめじまちょう)に含まれる。ダイビング地として有名で国内の大手航空会社が共にリゾートホテルを展開しており(現在は撤退または撤退予定)、長く広がるイーフビーチには民宿なども多く点在する。また、東北楽天ゴールデンイーグルスが発足年度からこの地にキャンプを構えたことで、その方面でも広く知られるようにもなった。

地勢・自然

面積55.69km² 周囲53.31km
火成岩からなる島で全体に山がちではあるが、東海上には「ハテの浜」と呼ばれる全長5km以上ものサンゴ洲島(coral sand cay)が連なっている。
水が豊富で、古くから沖縄県では米所として知られた。生物は沖縄本島と共通する部分が多いが、固有種も生育・生息する。例えばクメジマボタルは幼虫が水生のホタルとしてゲンジボタルやヘイケボタルと共に例外的に分布し、現在は保護のために「久米島ホタル館」が中心となって活動をしている。他にも日本国内で唯一の淡水性のヘビであるキクザトサワヘビなどが分布する。また、久米島のハブは独特の斑紋の個体があり、クメジマハブと呼ばれることがある。
久米島の名を持つ生物に、以下のようなものがある。
クメトカゲモドキ クメジマボタル・クメジマミナミボタル・クメコシビロザトウムシ クメジマミナミサワガニ・クメジマドウクツガザミ クメジママイマイ クメザンショウ ラムサール条約登録湿地
2008年(平成20年)10月30日、絶滅危惧種であるキクザトサワヘビの生息地である宇江城岳の渓流及び湿地255haが、「久米島の渓流・湿地」としてラムサール条約に登録された。また同地域は1998年(平成10年)6月15日に、種の保存法に基づく「宇江城岳キクザトサワヘビ生息地保護区」の管理区域に指定されている(全体で600ha)。

交通

道路 沖縄県道89号久米島空港真泊線(主要地方道) 沖縄県道175号兼城港線 沖縄県道242号宇根仲泊線 沖縄県道245号久米島一周線 路線バス 久米島町営バスが一周線・島尻線・空港線の3路線が運行しており、空港線は飛行機のダイヤに合わせている。 路線バスではないが久米島交通が観光バスを運行している。 船便 久米商船が毎日午前と午後の2便、島内の兼城港と那覇港(泊ふ頭)との間を運航しており、うち午前便は渡名喜島を経由する(3月~11月の週末は兼城港発のみ午後便も渡名喜島を経由)。なおゴールデンウィークと8月を除く月曜日と一方の船がドック入りの期間中は午前のみの運航。
かつては4月~10月の季節運航で高速船も運航していたが2004年で廃止され、2005年から既存の大型フェリーの運航を現在の1日2便に増便した
航空便 日本トランスオーシャン航空(JTA)の737-400と琉球エアーコミューター(RAC)のDHC-8-100が久米島空港と那覇空港との間を1日数便運航しており(需要時期によって使用機材と便数に変動あり、2007年4月よりDHC-8-300が新たに就航された)、毎年7月半ば~9月にはさらにJTAが東京の羽田空港へ1便運航している(久米島空港発は那覇空港経由。2006年までは6月~9月の運航で久米島空港発も経由地なしだった)。1997年に久米島空港がジェット化する前はYS-11が長年にわたって運航していた。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

はての浜久米島の東側、奥武島・オーハ島の沖合に浮かぶ長さ約7kmの3つの砂洲。久米島に近い方から「前の浜(メーヌハマ)」「中の浜(ナカヌハマ)」「果ての浜(ハティヌハマ)」と名付けられているが、総称して「はての浜」と呼ばれている。イーフビーチから送迎船で渡ることができ、海水浴やシュノーケリングを楽しめる。砂浜だけの島で日よけとなる施設がない(仮設小屋みたいなのがあります。)ため、遊ぶ際は日焼け止めが必需品。 イーフビーチ島の東部にある砂浜。長さ2kmにおよぶ白い砂浜で、「日本の渚百選」にも選ばれた。近くにはリゾートホテル・民宿・飲食店・コンビニなどがある。 五枝の松久間地集落にある樹齢約250年のリュウキュウマツ。伊平屋島の念頭平松と並んで沖縄県二大名松とされる。国内でも1本の松がこれだけ枝を広げ悠々とした姿は他では見られない。台風のメッカである事を考えればとても信じられない勇壮かつ美しい姿である。国の天然記念物。 上江洲家住宅1754年建築で現存する沖縄県最古の民家。上江洲家は地頭代をつとめた家柄。国の重要文化財に指定。 畳石島の東にある奥武島の海岸に、五角形や六角形に区切られた火山岩(安山岩)が整然と並ぶ柱状節理。岩の直径は1mにも達し柱状節理の直径としては極めて大きい。近年浸食による風化が著しい。県指定天然記念物。 宇根の大ソテツ宇根集落の喜久村家の庭にある樹齢250年以上といわれる2株の大ソテツ。県指定天然記念物。 太陽石比屋定集落の東にある巨石。農作業の時期を知るために日の出の位置を線で刻んだといわれている。県指定史跡。 ミーフガー大きな割れ目のある岩。女性が拝むと子宝に恵まれるとの言い伝えがある。 ヤジヤーガマ島西部にある鍾乳洞。観光ガイドにはほとんど載っていないが、全長800メートルにも及ぶかなりの大きさである(現在は途中迄で折り返し)。明治時代まで風葬に使われていたという説があり、洞窟内には今でも骨壷(厨子甕)や人骨が見られる。入場料要。 ヒデンチガマ(洞窟潜水) おばけ坂島西部にある短い坂。下り坂だが途中から上り坂に見えるため、物を転がすと上り坂を上っていくように見える。
現在、久米島と奥武島との間には1982年開通の海中道路があるが、以前は奥武島住人は徒歩や潮の満ちた時間には竹馬で渡島し久米島へ通勤通学していた。海中道路の完成以降、潮の流れが大きく変わってしまい中間点にあった砂州や海底が非常に深くえぐり取られ危険なため潮の干満に関わらずそのような渡島は禁止されている。
画像:Hatenohama.jpg|はての浜 画像:Eef beach.JPG‎|イーフビーチ 画像:Tatami ishi.JPG‎|畳石 画像:Uneno osotetsu.JPG‎|宇根の大ソテツ 画像:Mi-fuga-.JPG‎|ミーフガー 画像:Obakezaka.JPG‎|おばけ坂

放送

テレビは1964年に琉球放送(RBC)テレビが県内では初めてテレビ中継局を設置、県内民放テレビでは唯一VHFの中継局。その後NHK(設置当時は復帰前の1971年で沖縄放送協会(OHK)だった)、沖縄テレビ(OTV)が設置したが、OTVが設置したのは本土復帰後の1977年でUHFによる中継局だった。当時はNHKもVHFだったため、リモコン式テレビが導入されるまでOTVは親局の8ではなく、Uにセットされていた。その後1995年にNHKはEスポによる混信解消でUHFに変更。琉球朝日放送(QAB)は同年秋の開局と同時に中継局を設置。また最初からUHFだったOTVと、後からUHFに変更したNHKは町役場のある島の東側にも中継局を設置した(RBCは久米島局で十分カバーできるため、QABは開局したばかりで設置しなかったが、今でも設置されてない)。 久米島での地上デジタルテレビジョン放送は2007年に久米島中継局で開始された。2008年に久米島東中継局でも開局予定(アナログ放送で久米島東中継局が未設置のRBC・QABでもデジタル新局として開局予定)。 ラジオはNHKFMのみ設置されており(84.2MHz)、AM局は沖縄本島の那覇本局から直接受信している。またFM沖縄も那覇本局からの放送エリアにギリギリ入っているため受信可能。AM局に関しては本島北部・大東島・先島地区同様に今後FM波での中継局設置が予想される。
(久米島デジタル局のカッコ内の数字はリモコンキーID番号)

久米島出身の有名人

小島よしお :本人曰く住んでいたのは半年間だったが、母親が沖縄県出身である。

備考

古くから稀に降雪が伝えられてきたが、1977年2月17日、沖縄県では史上唯一の雪が正式に観測された(降ったものは正確には霙だが、気象観測で霙は雪に分類されるため) 水がよく、酒所としても知られる。二軒の酒造所があり、特に久米島の久米仙は県外にも有名。ただし、同名「久米仙」の泡盛が那覇でも造られている。

脚注

関連項目

久米島紙幣 久米島切手 久米島守備隊住民虐殺事件 久米島選挙暴動 TUBE - 「シーズン・イン・ザ・サン」のビデオクリップはハテの浜で撮影された。 歴代宝案

外部リンク

沖縄県久米島町ホームページ はての浜の動画 久米島の久米仙 米島酒造
*

出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
[久米島]の改定履歴
ご利用上の注意


Copyright© 2013 Goyah.net Inc. All Rights Reserved.