ルートビアについて はごーやーどっとネット沖縄辞典

沖縄辞典
ホーム > 沖縄辞典 > ルートビアについて
ルートビアについて

るーとびあ

ルートビア

英語で、「Rootbeer」で、アメリカでは、ポピュラーな清涼飲料。
Beerと言っても、アルコールは入っていない。

沖縄でもポピュラーな飲み物で、A&Wではお代わり自由で飲むことが出来き、その他のファーストフードチェーンの[JEF、シェイキーズや一部のピザ、タコスの店、喫茶店などでも飲む事ができる。
また、自動販売機や県内のスーパーでも缶で販売されている。

「サロンパスのような味」とよく言われている。


この言葉に情報を追記する


▼「ルートビア」Wikipedia検索

ルートビア(root beer)とは、アルコールを含まない炭酸飲料の一種。商品としてのルートビアは、アメリカ合衆国において19世紀中頃に生まれたとされる。バニラや、桜などの樹皮、甘草の根、サルサパリラ(ユリ科の植物)の根、ナツメグ、アニス、糖蜜などのブレンドにより作られる。使用原料やその配分は厳密に決まっておらず、銘柄によって様々なアレンジが施されている。

歴史

かつてルートビアは、アメリカ合衆国において、家庭で作られる伝統的なハーブ飲料であった。2%前後の軽いアルコール分を含むこともあった。鎮咳消炎薬としても用いられた。商品として作られたルートビアは、1866年5月16日にチャールズ・エルマー・ハイアーが開発したものが最初とされる。ハイアーは1876年、フィラデルフィアにおける建国百年祭の展示で、ハーブや木の根、スパイスなどをブレンドした紅茶に入れるための粉末を発表した。1893年には、ハイアーは瓶詰めの炭酸飲料として、ルートビアを発売し始めた。

各地のルートビア

アメリカ合衆国
アメリカ合衆国においてルートビアは、飲料市場3%のシェアを持っており、市民にとってなじみ深い飲み物であると言える。また、地ビールのように、地域独自の「地ルートビア」と呼ぶべきものも数多く販売されている。それほど一般的ではないが、自家製ルートビアも造られている。
地ルートビアや自家製ルートビアに使われる原材料としては、冒頭のものに加えて以下のようなものがある。
スパイス類 - オールスパイス、コリアンダー、 ハーブ類 - セイヨウネズ(ジュニパー)、トウリョクジュ(ウィンターグリーン)、甘松、ウメガサソウ、ホップ、クローバー、 木の皮など - カバノキ、シナモン、 木の根など - ショウガ、タンポポ、甘草 その他 - メープルシロップ、ハチミツ
関連商品としては、ルートビア味のキャンディや、のど飴なども販売されている。また、ルートビアにアイスクリームを浮かべた「ルートビア・フロート」などのアレンジ飲料も広く飲まれている。
その他の地域
日本においては、アメリカによる長期にわたる占領の経験がある沖縄県や小笠原諸島<!-- 小笠原生協で売られている。http://www.geocities.jp/sawada_yamamoto/wanakio2005/baton-semi/0907.htmlを参照。-->ではよく飲まれるが、それ以外の地域では輸入食品店や沖縄地方の商品を扱う専門店、物産展などごくわずか販売されるのみである。各地の米軍基地内の自動販売機には必ずと言っていいほど入っているため、施設開放イベント等で入場出来る機会がある際に入手することもできる。沖縄で一般に良く飲まれているA&Wのルートビアは、その芳香がゆえに「飲むサロンパス」と形容されることがある。
ルートビアの仲間
東南アジアではサーシが主流で"Sarsaparilla"の呼称が一般的で、"Sarsi"、"SARS" "Sarsae"(どれもサーシ)、台湾では"沙士"(サース)と呼ぶが、過去に伝染病であるSARS(サース、重症急性呼吸器症候群)が流行したときに、この名称が混乱を拡大する原因にもなった。「沙士を飲むとSARSに罹りにくい」といった冗談のような都市伝説が当時の台湾で広がった。

ルートビアの銘柄

A&amp;W Dad's Hire's IBC IRIS Mug DuBouchett Barq's 沖縄バヤリース(現在はクリームソーダのみ製造) 亜洲<高級飲料>沙示 (asia ROOT BEER)(中国) サーシ 黒松沙士 屈臣氏 沙示汽水 (Watoson's SARSAE)(中国) Watson's SARSAE<香港は英語のまま>(香港)

外部リンク

ROOTer's cafe 小笠原のルートビア
るうとひあ るうとひあ るうとひあ

出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
[ルートビア]の改定履歴
ご利用上の注意


Copyright© 2013 Goyah.net Inc. All Rights Reserved.