ミミガーについて はごーやーどっとネット沖縄辞典

沖縄辞典
ホーム > 沖縄辞典 > ミミガーについて
ミミガーについて

みみがー

ミミガー

ミミガー(豚の耳皮)は、沖縄料理のひとつで、豚の耳の皮を使った料理。
主に和え物として食されるが炒めて食べる事もある。
軟骨のこりこりとした食感が特徴。

写真は、ミミガーのピーナッツ味噌和え。




この言葉に情報を追記する


▼「ミミガー」Wikipedia検索

ミミガー(豚の耳皮)は、沖縄料理のひとつで、豚の耳の皮を使った料理である。中華料理で「猪耳」と呼ばれているものに相当する。

概要

材料は、毛を直火で焼いて除去した豚の耳の皮で、これを茹でるか蒸したものを千切りにする。酢の物やポン酢、酢味噌、ピーナッツ味噌で和えたり、塩などを付けて食べる。軟骨のコリコリとした、クラゲを硬くしたような食感が特徴。

備考

野菜などと一緒に炒めた「ミミガーイリチー」もある。この場合は、こりこりした食感で、歯ごたえがある。また違った風味が味わえる。コラーゲンが多く健康や美容に良いとされている。

外部リンク

大阪すばワールド:壁にミミガー(大阪市内の沖縄料理店のミミガー写真集)
みみかあ みみかあ

出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
[ミミガー]の改定履歴
ご利用上の注意


Copyright© 2013 Goyah.net Inc. All Rights Reserved.